トップ  »  おしらせ  »  修学旅行2016 -3-

修学旅行2016 -3-

2016年10月26日(水)

2日目つづきです。

2016-10-26-10.jpg

 生徒の皆さんが楽しみにしていた美ら海水族館です。ここは単なる水族館ではなく沖縄の海洋博公園内にある水族館で、美ら海水族館の周りにも複数の施設(植物園なども実はあります)があります。ビーチから続く傾斜のある高台に作られており、水族館からは沖縄七色の海が見下ろすことができます。この日は来場者が非常に多く(他の学校さんが多数)という状況だったので、館内は大混雑で、ゆっくり見ることができなかったのは正直残念でした。ですが、水族館以外にもイルカショーやウミガメを観に行った生徒など、色々と楽しめたのではないかと思います。

2016-10-26-11.jpg

2016-10-26-12.jpg

 今年できたばかりの野外ステージで琉球村の劇団による沖縄舞踊体験です。内容は三線の「島唄」や「島人ぬ宝」、「沖縄武道演武」、「獅子舞」、「ゆいゆい」、「エイサー」、「カチャーシー」などです。特に印象的だったのが「獅子舞」です。動きが滑らかで面白く、迫力がありました。舞台から観客席に降りてきて、生徒に撫でられたり、生徒の頭を噛んだりと、生徒の皆さんは大興奮。中には驚いて泣き出してしまった人もいました。「獅子舞」は縁起ものなのでこれからの旅行に何か良いことがあるかもしれません。
 沖縄の人ならば皆知っている「ゆいゆい」は生徒みんなで簡単な振付をしながら歌いました。「ゆいゆいゆいゆいゆいまぁ~る~(^^♪」。「ゆいまーる」とは「みんなで手をとって丸くなる=みんなで協力していく」という意味です。
 最後に「カチャーシー」とは「かき混ぜる」という意味です。説明では幸せをみんなで共有し合わせるというような感覚で、みんなで踊りましょうという事でした。太鼓と手拍子に合わせ踊るのですが、本田先生は太鼓を渡され、調子に合わせ叩いていました。本田先生はなぜか太鼓がうまく、「このまま沖縄に残り劇団に入るのではないか!?」と心配しました。何人かの生徒はステージ上に上がり、丸くなり賑やかに踊りました。
 沖縄の言葉や音調はこちらとは大きく異なるため、生徒の皆さんは大いに楽しんでくれたのではないかと思います。大盛り上がりの沖縄最後の夜でした。

2016-10-26-15.jpg2016-10-26-14.jpg2016-10-26-18.jpg

 

このページの先頭へ

前ページ | トップ | 次ページ 
学校法人 藤学園 北見藤女子高等学校
〒090-8642 北見市三楽町213  電話番号 0157-23-3212 FAX番号 0157-23-5406











Copyright(C) 2010-2017 Kitami Fuji Girls' Senior High School All Rights Reserved.